TAMA Drums

TAMA, Always #08 - 小柳“cherry”昌法(LINDBERG, GaGaalinG)
30年前、インペリアルスターに出会ってTAMAを知り、それ以来ずっとTAMAの音に包まれて来ました。
そして、今では“TAMAの音”が“自分の音”になってます!
それがボクの誇りです!
  • セッティング紹介
  • 写真集
  • 映像インタビュー

Setup Report

Band Name : LINDBERG
Date : 2009.5.9
Photo Place : SHIBUYA-AX

Starclassic Performer B/B
Color : Shattered Turquoise Tricolor *
Parts Color : Black Nickel

* Starclassic Performer B/B では、Shattered Turquoise Tricolorは特注色になります。

a 24"x18" Bass Drum
b 14"x5.5" Snare Drum (NSS1455)
c 13"x7.5" Tom Tom
d 10"x6.5" Tom Tom
e 16"x14" Floor Tom
f 18"x16" Floor Tom
1 Iron Cobra Power Glide Twin Pedal (HP900PTW)
2 Iron Cobra Lever Glide Hi-Hat Stand (HH905)

デビュー20周年となる2009年に、12月31日までの期間限定での再結成を発表したLINDBERG。
そのドラマー小柳昌法さんが今年の3月に新調したNEWセットは、Starclassic Performer B/BにStarclassic Bubinga ELITEのカバリング・フィニッシュ“シャッタード・ターコイズ・トライカラー”を採用したもの。
LINDBERG再結成に相応しくカラフルでポップ、それでいてどこかレトロな色調で、懐かしさの中にも新鮮な印象を与えます。

小柳さんのセットアップの特徴は、10" のタムを13"のタムの右側に配置しているところ。
小柳さん曰く、基本的には3点セットをメインとして捉えており、10"はその上で音色のバリエーションを増やす為にセットしてあるとのこと。

メインスネアは、もはや定番の一つとなっている、そうる透さんプロデュースモデル(NSS1455)をチョイス。
かなりハイピッチにチューニングされており、LINDBERGに相応しく、心地良いメタル・シェルのサウンドを響かせていました。

ペダルはIron CobraのPower Glide(HP900PTW)、ハイハットスタンドはLever Glide(HH905)を配備。
パワフルで正確無比な小柳さんのドラミングを支えています。

LINDBERGのロゴの入った、小柳さんのシグネチャー・スティック。
既にこのモデルは廃番ですが、全く同じスペックで、現在小柳さんが参加しているGaGaalinGのロゴが入ったスティック(H-MK)が発売されています。

Gallery

01 02 03 04 05 06 07 08 09

PAGE TOP