TAMA Drums

TAMA, Always #05 -  熊谷徳明 (TRIX)
音楽を通して自分のすべての感性を表現できるドラム。
サウンド、機能性、ルックス、非の打ち所のない完成度。
コンセプトに応じてすべてのジャンルに対応できるシリーズ。
究極を求める自分にもっとも相応しいクリエイティヴなドラム。
それがTAMAドラムだ!!
  • セッティング紹介
  • 写真集
  • 映像インタビュー

Setup Report

Band Name : TRIX
Date : 2009.3.7
Photo Place : The Bottom Line

Starclassic Maple
Color : Custom Blue Spakle *
Parts Color : Chrome

* 特注カラー

a 22"x18" Bass Drum (SMB2218J)
b 14"x6" Snare Drum *
c 6"x6.5" Tom Tom *
d 10"x8" Tom Tom (SMT1008)
e 12"x8.5" Tom Tom *
f 8"x8" Tom Tom (SMT0808)
g 14"x11" Tom Tom (SMT1411)
h 16"x13" Tom Tom (SMT1613)
I 12"x4" Snare Drum *
1 Iron Cobra Velo Glide Hi-Hat Stand (HH805)

* 特注商品

QTVR

特注Blue Sparkle フィニッシュが美しい熊谷さんのDrum Kit、 Starclassc Maple。
Bass Drumの向きをDrummerから見て若干右側にオフセットし、自然な姿勢を保ったまま各アイテムを最適なポジションにセット出来るように配慮がされています。

Drumの後ろ側から見ると、ご覧の通りの多点数キット。
初めて見る方はまずどこに何があるのかを把握する必要がありますが、熊谷さんにとっては全て計算し尽くされたセットアップであり、一切の無駄を省いたシンプルなキットです。

現在のセットアップの特徴的として、6"のタムタムと8"のタムタムのポジショニング。
1世代前のDrum KitはいわゆるフュージョンDrumのセットアップで、8"から12"のタムが正面に順に左からセットされていましたが、現在はこのようなセットアップになっており、多彩なサウンドメイクがより一層可能になりました。

メインスネアは14"x6"のStarclassic Maple。
他のシェル同様、サウンドフォーカスリング無しのシェルです。
熊谷さんも『この明るくて非常にオープンな鳴りがたまらない!音量もスゴいんだよね!』と大絶賛。
スネアの上に置かれたStickは、TAMAから市販されている熊谷徳明シグネイチャー・スティック。

遂に実現!! MEINLから、熊谷徳明シグネイチャー・ライド、SKY RIDE<スカイ・ライド>が発売。
サイズを19"と一回り小さくし、20"では難しいポジショニングも可能にしています。
サウンドの基本は、ByzanceのDark, Dryシンバル。大空に響くような明快で粒立ちの良いチップサウンドです。

Gallery

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

INFORMATION

ホームページ

ドラムマガジン5月号宣伝

ドラムマガジン5月号宣伝

PAGE TOP