TAMA Drums

NAMM SHOW 2015

2015年も世界最大の楽器の展示会、Winter NAMMショーがここアナハイム・コンベンションセンターで始まりました!

こちらがTAMAブースの全景です。
2015年はドラムセットとスネアドラムの新商品や限定商品、ハードウェアの新ラインナップ、そしてマーチング・ドラムを展示しています。

2013年に発表したTAMAのフラッグシップ・モデル、TAMA STAR Drumに新しくウォールナット・シェルのモデルが追加となります。これまでもSTARCLASSICの限定モデルとして発売し、好評だったウォールナット・シェルを、STAR Drumのスペックでより高いレベルに仕上げたドラムセット。日本でも今春から発売開始します。

今年のTAMAブース最大のニュース、それはJazzドラム界のレジェンド、ピーター・アースキンがTAMAのエンドーサーとなることです。昨年のビリー・コブハムに続き、世界のトップドラマーを魅了するSTAR Drum。本ブースでは、ピーター本人が使っているSTAR Bubingaのドラムセットを展示しています。
Peter Erskineのスペシャル動画を公開中!
詳しくはこちら

TAMAブースにて、とりわけその存在感を主張しているのがこのアクリルのドラムセット、Silverstar Mirageです。日本ではいち早く昨年の楽器フェアにて発表したこのドラムセットには、繋ぎ目のない”シームレス” アクリルシェルを採用。今までのアクリルドラムが持つサウンドイメージを払拭する『豊かなシェル鳴りと温かい響き』を実現しています。
Silverstar Mirage特設サイトはこちら

TAMAシグネチャー・スネアの中でも最も長くラインナップを続けているモデルの一つが、USA No.1スタジオ・ドラマー、ケニー・アロノフのモデル。2015年モデルから、ダイキャスト・フープ仕様となって発売となります。
「(日本では今春発売開始予定です)」

ユニークなシェル材のラインナップを持つSTAR Drumのスネアドラムに、単板ゼブラウッド・シェルのモデルが登場。日本でも今春から発売開始しますのでお楽しみに。

S.L.P.スネアドラムシリーズに新しく加わったのが、14”x5.5”サイズのブロンズシェルのモデル、”Dynamic Bronze”です。やや厚めの1.2mmに成型したシェルを採用。メタルシェルでありながら、まるでウッドシェルのように深く豊かな響きと明るく乾いたトーンが特長です。
日本では先行して発売を開始していますので、お近くの楽器店にて是非お試しください。

昨年日本でも発売となった次世代ハードウェア、TAMA STAR Hardware。格段に可動範囲の広がったブームシンバルスタンド、スネアドラムのサウンドと”音圧”が変わったと、数々の賞賛を頂いているスネアスタンドを含む4モデルのラインナップです。
STAR Hardwareの詳細はこちら

2002年発売後、世界中で高い評価を得てきたハードウェア”Roadpro”シリーズが一新。上級モデルであるSTAR HARDWAREに採用している”グライドタイト・グリップ・ジョイント”を搭載し、サウンドの向上を目指しました。
日本でも間もなく発売開始となりますので、詳細をお楽しみに。

そしてここアメリカが本場のマーチング・ドラムも、もちろんTAMAブース内に展示されています。TAMAマーチング・ドラムはアメリカで着実に使用団体を増やしつつあります。
日本のマーチング・ドラムの情報はこちら

PAGE TOP