TAMA Drums

Features

JAGWIRE™ Triple-Layered Ultra-Smooth Cable

世界でも屈指のマウンテンバイク用ブレーキケーブルを開発するJAGWIRE™社の全面協力の下で開発されたケーブルには、過酷なレースの中で実証された折り紙付きの高強度を誇るステンレスワイヤーを採用。それをカバーするケーブルは、高い耐屈曲性を誇る3層構造のケーブルを採用。
そして、滑らかな操作感を実現するために、そのワイヤーの表面を研磨処理し摩擦係数を低減させた後、高潤滑油を内面に塗布した特殊内管でカバー。さらにそれをハイカーボン・コイルで環状に覆い、一番外側をポリ塩化ビニルで包んだ3層構造での保護方法を採用しました。これによりケーブルが屈曲するような複雑なセッティングでも滑らかな動きを損なわない耐久性を確保。既存のケーブルハットでは成し得なかった圧倒的に滑らかな操作性とセッティング自由度を実現しました。

Carrying Bag

リモートハイハット・スタンド本体と、スタンドにセットするクランプ、ラチェットアームが収納できるキャリングバッグが付属しています。

Exchangeable Cable

長さ2,300mmのケーブルが標準装備。別売りの長さ1,200mmのケーブル(HH905RH2S ¥3,000(税別))に交換することができます。

Clamp & Ratchet Arm

パイプ径 15.9mm-28.6mmのスタンドに取り付けられるクランプとラチェットアームが標準装備されています。

Lever Glide

テコの原理を応用し、従来の約半分の力でペダルを踏み込むことができる、TAMAオリジナル機構"Lever Glide (レバー・グライド)"。
ペダルを踏み込む力が格段に軽くなることに加え、テコの作用でフットプレートのストロークが長くなり、より微妙なハーフオープンサウンドや、シャープなタイトクローズを楽しめます。

Quick-Set Hi-Hat Clutch (US.PAT.NO.9812101)

TAMAのハイハットロッド(6mm)はもちろん、7mmまでのロッドを持つハイハットスタンドにも対応するハイハットクラッチ。
ボトムパーツにあるボタンを操作するだけで、ワンタッチでクラッチにシンバルをセット/リリース可能です。また、トップシンバルとの接地面積を最小限にすることで、ハーフオープンやオープンでの演奏時に、より自然な鳴りとサスティーンを得られます。

Spring Seat (US.PAT.NO.8604325)

ハイハット・クローズの音の“キレ”の増す為に考案された、ボトムシート。ボトムシンバルを支える受け部をほんの少し傾けることで、ペダル操作でハイハットをクローズする際に2枚のシンバルの間に生じる空気を素早く逃がし、歯切れの良いサウンド生み出します。

6-Way Tension Adjustment

調整ダイアルを回転させることで、6段階にスプリングテンションを調整可能。テンションの具合を目で見て確認出来ます。また、片手での操作可能ですので、スローンに座ったままでも簡単に調整が行えます。

Dual Leg

煩雑になりがちな足元で有効な省スペース性を実現するシングルレッグの2脚式スタンド。フットボードを踏み込むことによる前向きの力を2本の脚で受け止めるため、滑りやすい床面でも抜群の安定性を誇ります。

Non-Loosening Tension Rod (US PAT.NO.6075192)

すり鉢状に加工されたメタルナットとそれにフィットする樹脂製ナットによって、演奏中のシンバルロッドの緩みとノイズをシャットアウトします。

Hinge Guard Block

ヒンジシャフト両端のベアリングの固定方法を、従来のフットボード側面から貫通させる方式より、ベアリングを上下で挟むように保持する方式に変更しました。これによりベアリングに掛かる力を分散することで、ヒンジシャフト自体に掛かる負荷を軽減。従来モデルよりも高い精度での回転を行うことが出来るようになり、かつてないスムーズな操作性を実現しました。

Others

>

PAGE TOP