TAMA Drums

Features

Cast-Grip Boom Tilter

ブームティルター部の構造は、ブームホルダーをラバープレートで挟み込み、さらにその外側から頑丈なダイキャスト製のプレートで押さえ込む方式。
ブームアームを安定して保持するとともに、長期間の使用でラバープレートが摩耗した際でも、簡単に修理ができる構造です。

Sure-Cast Adjustment Collar

軽い力で固定できる、手のひらに馴染むデザイン。下段パイプ下端にはラバースペーサーを挿入しており、グリップを緩めた際に不意に上段パイプが落ちてしまっても指を挟まない構造です。

Latch-Lok Sleeve Insert

高さ調整グリップ内部にはナイロン製のリング状のブッシュを搭載。グリップの操作によってこのブッシュが伸縮することにより、上段パイプを固定します。このブッシュは下段パイプ上端に設けられた"溝"にはまる構造ですので、グリップと共回りすることが無く、誤操作を防ぐことができます。

Die-Cast Locking Thumb Nut

マイクホルダーを取り付けるブームアームの先端には、親指で押せるようなレバー形状を持ったロックナットを採用。ホルダーを取り付ける際にはしっかりと、また取り外す際には小さい力で操作することが可能です。指を痛めることが無い形状のデザインも魅力です。

Iron-Core Telescoping Boom Arm with counter weight

フレキシブルなポジショニングを実現する、伸縮型のテレスコ・ブームアームに もTAMAオリジナルの機構を採用しています。
まず、先端部にはパイプの代わりに実体のロッドを採用。重量のあるマイクでも アームが“しなる”ことなく保持し、長期間の使用にも安定した固定と伸縮を実現 します。
また、後端部のカウンターウェイトは取り外し可能なタイプですので、取り付け るマイクの重量に応じて着脱したり、ブームアームを抜いて逆方向から差し込む ことで、『ハンドルの向きを逆にする』事も可能です。

Detachable Boom Arm

ブームアームを上段パイプから取り外すと、ストレートスタンドとしてもご使用頂けます。再度取り付ける時はロックナットをしっかり締めて固定し、グラつきが無いことを必ずご確認ください。

Others

>

PAGE TOP