TAMA Drums

Features

Spring Seat (US.PAT.NO.8604325)

ハイハット・クローズの音の“キレ”の増す為に考案された、ボトムシート。ボトムシンバルを支える受け部をほんの少し傾けることで、ペダル操作でハイハットをクローズする際に2枚のシンバルの間に生じる空気を素早く逃がし、歯切れの良いサウンド生み出します。

Swing Lock Clutch (US.PAT.NO.8604325)

トップシンバルとの接地面積を最小限にした新開発の“スイング・ロック・クラッチ”。ハーフオープンやオープンでの演奏時に、より自然な鳴りとサスティーンを得られます。

Lever Glide

テコの原理を応用し、従来の約半分の力でペダルを踏み込むことが出来る、TAMAオリジナル機構"Lever Glide (レバー・グライド)"。
ペダルを踏み込む力が格段に軽くなることに加え、テコの作用でフットプレートのストロークが長くなり、より微妙なハーフオープンサウンドや、シャープなタイトクローズを楽しめます。

Footboard Angle Adjustment

踏み込む幅やサウンドバリエーションに大きく影響する、フットボードのアングル調整機能を搭載。ツインペダルもより自然にセットアップが可能です。

Non-Loosening Tension Rod (US. PAT.NO.6075192)

すり鉢状に加工されたメタルナットとそれにフィットする樹脂製ナットによって、演奏中のシンバルロッドの緩みとノイズをシャットアウトしました。

Spare-The-Rods Tension Rod Protector

テンションロッドを上段パイプに挿入して、ハイハットクラッチで固定するというTAMA独自の収納機能を採用。これによりロッドの変形を防いでハイハットスタンドを運搬中のトラブルから守ります。

Dual Legs (US. PAT.NO.5945616)

ツインペダルのセッティングがスムーズに行える2脚スタンドを採用。フットボードを踏み込むことによる前向きの力を2本の脚で受け止めるため、滑りやすい床面でも抜群の安定性を誇ります。

Tilt System

脚部の支点を上下させてスタンド自体を傾けられるティルトシステムを採用。

6-Way Tension Adjustment

調整ダイアルを回転させることで、6段階にスプリングテンションを調整可能。テンションの具合を目で見て確認出来ます。また、片手での操作可能ですので、スローンに座ったままでも簡単に調整が行えます。

Oiles® Bearing Hinge (US. PAT.NO.6100460)

ドラムペダル同様に、フットボードのヒンジ部には、驚異的な耐久性を持ちつつスムーズな動きを実現した、オイレス・ベアリングを使用。さらにフットボードのブレも追放し、快適なプレイをお約束します。

Duo-spike (US. PAT.NO.6031170)

床面の状態に合わせてスパイク/ラバーの切り替えが可能。

Others

>

PAGE TOP